共働きの英語育児〜1歳からのディズニー英語の記録

1歳3ヶ月の時に我が娘ために先日DWEを正規購入しました。 今年の4月から職場復帰し、共働きで時間がない中、英語育児がんばってます。長く使う教材なので、このブログで日々の記録をしていけたらと思っています。

ワールドワイドキッズを副教材として活用☆

先日、ワールドワイドキッズ教材の一部、絵本とそれに連動する音声CDのピクチャーブックCDを購入してみました!(もちろん中古^ - ^)

f:id:coco_chipdale:20170923053309j:image

 

幼児英語を始めようとするとき、恐らく多くの人が検討するのが、ディズニー英語とワールドワイドキッズではないかと思います。

 

ワールドワイドキッズは、ベネッセが2007年に発売した幼児向けの英語教材です。stage0~stage6に分かれており、2か月に1回、1つのstageが届き、全部取ると22万6800円です。

 

もちろん、うちも検討したうえでディズニー英語という選択肢にしたわけですが、その一番大きな理由は、ワールドワイドキッズは概ね小学生以下までの幼児英語を対象としているため、小学生以降も継続するためには英語教室など他のものを併用しないといけないということでした。

 

要するに、ワールドワイドキッズはわりと簡単で、ディズニー英語は難しいということ。

でも、裏を返せば、ディズニー英語は低年齢では内容が難しく、そのため、プレイアロングやzippyシリーズなども揃えていかないと継続が難しいので、小学生高学年くらいまで使えるとは言え、ワールドワイドキッズとの金額差はさらにひろがると言えます。

 

では、ディズニー英語でと決めた我が家がなぜワールドワイドキッズを取り入れたかというと…単に娘にトライアルのDVDを見せたところ食いついてしまったということでした(^^;;

娘はワールドワイドキッズのことを「新しいフロギー」と言っていたので、プレイアロングの延長みたいに思ってるんでしょうね。旦那もワールドワイドキッズの歌を一緒に歌い出し、トライアルだけでも家族で楽しんでいる状態でした。ただ、これ以上見せるDVDを増やしたくはないし、もちろん購入はまったく考えていませんでした。

 

ちょうどこの頃、音声ペンに対応させられるCD付きの英語絵本を探していたのですが、英語の絵本もレベルはもちろん様々で、さらに今のうちの子のレベルに合ったCD付きのものを探すとなると至難の技です。英語教材として売られているSight Word Readersも検討はしていましたが、購入まで踏み切れずにいました。

そんなとき、何気なくワールドワイドキッズの教材を調べてみると、絵本があり、それに対応するCDもある!しかも、先ほど話したように、ワールドワイドキッズはレベルが簡単なものからあるので、今の娘のレベルにも合うし、すでにトライアルで曲まで覚えてしまってるので、絶対に気に入ってくれそう♪

 

さっそくオークションやフリマサイトを物色し、1万円ちょっとで絵本のセットを購入し、それに対応するピクチャーブックCDのステージ1〜6のセットを3000円で購入しました。絵本は17冊セットで足りないものがあったんですが、ワールドワイドキッズの絵本は市販のものもあり、足りない絵本を2冊Amazonで購入しました。市販の分は普通に1冊700円くらいで買えます。

 

Excuse Me!: a Little Book of Manners (Lift-The-Flap Book)

Excuse Me!: a Little Book of Manners (Lift-The-Flap Book)

 

Don't Forget the Bacon!

Don't Forget the Bacon!

 

 

そして、いつものごとく音声化( ´ ▽ ` )♪

G-talk(音声ペン)は毎日フル稼働です。

一気に増えた絵本に子供も喜んでいました。